ムダ毛処理から開放されたい!永久脱毛の方法について

そもそも永久脱毛の定義は?

一般的な永久脱毛のイメージは、脱毛してから一生ムダ毛が生えてこない状態ですよね。ただ、正確な永久脱毛の定義は、脱毛してから一ヶ月の毛の再生率が20%以下の状態を指しています。つまり、全く毛が生えない状態を目指すのではなく、毛を細く少なくして減少させるのが目的です。永久脱毛を正確に定義付けしたのはアメリカで、日本の医療機関もアメリカの定義に沿っています。また、日本では永久脱毛は医療行為に当たるのでエステサロンで永久脱毛は行われていません。半永久的や減毛などの表現を使っていますね。

永久脱毛できるのはクリニックしかない?

医療行為に当たる永久脱毛はクリニックなどの医療機関でしか行われていません。ただし。これは定義上の問題であってエステサロンの脱毛でも、全く毛が生えない状態は無理ですが殆どムダ毛が生えない状態にする効果はありますよ。クリニックでの永久脱毛でも全く毛が生えない状態にするのは無理ですし、クリニックかエステサロンかは個人差によりますね。ただ、クリニックは脱毛処理が完了するまで約1年に対し、エステサロンは2~3年かかるので、速く効果を実感したいならクリニックでしょうね。

本当の永久脱毛・ニードル脱毛

永久脱毛はムダ毛を永久に生えないようにする訳ではありません。毛を細く少なくして、目立たないようにする施術です。一方、ニードル脱毛は施術した部分からは一生ムダ毛が生えてこないので文字通りの永久脱毛なんですよ。ニードル脱毛では針を毛穴に指し、針から電気を流して毛根を直接破壊します。レーザー・光脱毛も毛根にダメージを与えますが、この2つは黒い色素に反応するレーザー・光の高熱で毛根にダメージを与えています。だから直接毛根を破壊している訳ではないんですよね。ニードル脱毛は針を使って電気を流しているので痛みは非常に強く、しかも価格も高いです。全身より部分的な脱毛に向いているでしょう。

医療脱毛を新宿で行う際には、施術品質や対応面などを重視しながらクリニックを選ぶことがポイントで、不安の解消を図りながら納得のいく施術結果が得られます。